炎症を抑える化粧水を使い続けましょう! 炎症を抑える成分を配合しているかに注目 肌が赤くなってしま...

肌の赤みに効く化粧水を選ぶときの注意点

炎症を抑える化粧水を使い続けましょう!
炎症を抑える成分を配合しているかに注目
肌が赤くなってしまうのは、肌内部で微弱な炎症を常におこしている状態です。これは敏感肌や乾燥肌の人に多くみられる肌トラブルです。この炎症を抑えるためにも、炎症を抑える作用のある成分を配合した化粧水を選んで、積極的に使っていきましょう。

バリア機能を高める成分が配合されているかに注目
こういった敏感肌や肌トラブルを抱えている赤み肌の人は、肌のバリア機能が低下している状態といえます。バリア機能が低下していると、外部からの刺激をじかに受け、肌内部で炎症を起こし、肌が赤くなってしまうのです。ですから、肌のバリア機能を高める成分を配合しているもので、しっかりとケアする必要があります。

かゆみを抑える保湿成分が配合されているかに注目
肌の乾燥を放っておくと、肌のバリア機能が低下し、炎症を起こしやすい肌になっていまいます。さらに、肌を乾燥させると、痒みをひきおこす原因にもなります。それを食い止めるには、やはり肌をしっかりと保湿することにつきます。ですから、保湿成分が高濃度で配合された化粧水でしっかりと保湿ケアしていきましょう。